原町田心理相談室

原町田心理相談室

ご相談内容

当相談室でお引き受けすることの多いご相談内容の例です。(実際は、さまざまな事情が重なっていると思われます)

※ 主宰・永井撤の特性や経験から、個人カウンセリングについては、40代以降の方を中心にお申し込み頂いています(心理職からのご紹介のケースを除く)

※ 御夫婦での来室(夫婦カウンセリング)も同料金にて対応しています

 

対人関係の悩み、ストレス、生きづらさ

人と会うときに緊張するなどの対人不安、緊張感、また人と関わるとどこか疲れる等の悩みについて。または具体的な家族関係、親子関係、成人後の母娘関係、夫婦関係などのご相談。

 

 

不安・気分の波・ネガティブな考え方・むなしさなどの不調

自分の話を聞いてほしい、自分の複雑な状況を理解してくれるような、それなりの経験(人生経験・臨床経験)のある大人に話したい、という思いのある方。また、これまで何らかの違和感や不調をもってきていたが、何をどう考えたら楽になるのかわからない、これまでの対処方法に限界を感じている、など。

 

 

 子育て相談

お子さんの不登校やひきこもりの心配、気分の波が激しい、勉強が手につかない、進路が決められない等、お子さんについての問題や悩み事についてご相談に応じています。今なにが起きているのかを理解し、利用できる相談機関の検討を含めて、保護者として、どのような理解と対応をしていくのか考えていきます。

*お子さん自身へのカウンセリングも対応可能ですが、継続的なカウンセリングは、公共の相談機関、または医療機関などをお勧めしています(料金や施設の特性から)。

 

保護者・親御さん・年配者の個人カウンセリング

子育ての相談ができるところはあっても、親御さんが自分の人生を話せる場は、なかなかありません。大人になったからといって悩みがなくなることはなく、むしろ頼れる場や人が減っていくものです。子育てを通じて気づいてきたこと、ご自身のご実家との関係など、現実生活や利害関係から離れた、まったくのプライベートの場所で、現実の年齢に関係なく、自分を中心に語り、自己理解を深めていただく場としてご利用いただけます。

 

【学生相談からのリファー/サポート割引について】

カウンセラーや心理職からのご紹介や、卒業後の相談先としてのリファーを受け付けています。相談に来られる方の経済状況に応じて、割引料金にてスタッフ相談員が対応しております。枠数・曜日に限りがあります。詳しくはお問合せ下さい。

 

※医療機関に通院中の方は、主治医にご相談になったうえで、ご利用ください。また、お話をうかがって、当相談室でお引き受けすることが難しい場合や、カウンセリングが最善と想定されない場合などは、他機関を紹介することがあります。ご了承ください。